2014年2月19日 (水)

大雪対策のお手伝いで前橋市に20人が応援

 2014年2月の大雪対策への支援として、南魚沼市のボランティア20人が、19日前橋市で活動しました。

 南魚沼市をバスで出発した一行は、前橋市大雪たすけあいセンターの仲介で3カ所に別れて活動しました。

140219_2

 一つの班が支援したお宅は、高齢者2人暮らし。おじいさんがほぼ寝たきり状態になっているのですが、自宅前までの私道約50メートルが雪で埋もれ、デイサービスに1週間近く出かけられない状態になっていたそうです。雪はすでに10センチから15センチほどでしたが、固く凍っていて、それをスコップでたたき割って、車が入れる道をつけました。


 前橋市の中心部近くでも、つぶれた車庫や自転車置き場などがいくつもあり、まだまだ元通りになるには時間がかかりそうでした。

 前橋市大雪たすけあいセンターは、明日以降も活動を継続するそうです。
https://www.facebook.com/maebashiyukicen


140219_3

2012年1月18日 (水)

ボラネットの中間決算の報告

昨年11月現在のボラネットの決算情報がまとまりました。

平成23年度南魚沼市ボランティアネットワーク全体決算書(中間報告)

(収 入)                  単位:円

 款   本年度予算額 本年度入金済額  比較    説明
1寄付金 3,099,126 2,668,205 △ 430,921 市民・団体寄付金等
2助成金  3,300,000 1,500,000 △ 1,800,000 災害ボランティア
                           NPO活動サポート募金
                           南魚沼市社会福祉協議会
3雑収入      0  239,972    239,972 参加費戻し入れ金、預金利息等
合 計 6,399,126 4,408,177 △ 1,990,949

(支 出)
 款    本年度予算額 本年度執行額  比較    説明
1会議費  50,000      2,440    △ 47,560 総会、役員会費
2賃借料  2,318,250  1,489,950    △ 828,300 バス借上げ代等
3燃料費  1,011,926   749,055    △ 262,871 ガソリン代等
4活動費  266,561    131,221    △ 135,340 布団輸送代、ポスター印刷代
5備品購入費1,000,000   350,125    △ 649,875 寝袋、中敷き、切手代等
6雑支出  1,702,389   365,949    △ 1,336,440 食材料購入、花束代
                              携帯電話使用料等
7予備費   50,000       0    △ 50,000
合 計  6,399,126  3,088,740    △ 3,310,386

収入合計 4,408,177 円
支出合計 3,088,740 円
差引残高 1,319,437 円(平成23年11月22日現在)

2011年7月25日 (月)

第7次支援チームが陸前高田で活動

110724s_2
 7月22日の夜から、南魚沼市災害ボランティアネットワークの第7次派遣チームが岩手県陸前高田市に向かい、23日の土曜日と24日の日曜日の2日間、現地で支援活動を行いました。


1107241s 参加したのは、大巻中学校の男女2人ずつの中学生とその保護者を含む計22人。半数以上が初めての現地支援でしたが、4回目というベテランもいました。

 夜を徹して600キロを走り、午前7時すぎに現地に到着。ボランティアセンターで受付をして直ちに同市広田地区にある畑に移動しました。海岸から500m以上も離れた場所なのに、がれきが散乱。背丈を超すようなアシが一面に生えていましたが、大型のクレーン付きのトラックが横転したままとほとんど手つかずの状態です。


» 続きを読む

2011年6月27日 (月)

第5次ボラネット派遣、23人が陸前高田でお手伝い

01m_2 6月24日(金)26日(日)まで、南魚沼市災害ボランティアネットワークの第5次現地支援チーム23人が、岩手県陸前高田市で活動しました。
 一行は、24日午後11時、南魚沼市庁舎をバスで出発。翌朝到着した陸前高田市のボランティアセンターは、多くのボラン手ティアであふれていました。23日の震度5強の余震と24日の降雨で、現地活動が2日間中止になった影響だそうで、25日のボランティア数は800名とのことでした。


02m この日の作業場所は米崎地区堂の前、作業内容は草刈りと瓦礫の撤去、現地に到着し「鈴木さんの依頼で」と言ったら「この辺はみんな鈴木だよ、どこからでも良いからお願いします」といわれ広い畑に案内されました。


03m_3


» 続きを読む

2011年6月 8日 (水)

かんかん照りのなかの第4次被災地支援活動

Dsc004781 南魚沼市災害ボランティアネットワーク第4次の市街支援派遣隊が6月5日(日)より7日(火)までの行程で岩手県陸前高田市に向けて行われました。
 5日(日)午後11時、参加者総員12名で南魚沼市を出発し、翌6日(月)の午前8時前に陸前高田市ボランティアセンターに到着しました。簡単なミーティング、受付、マッチングのあと活動現場に向かい、地元で漁業をされている大和田さんという男性の方のご自宅周辺の瓦礫の片付けを2日間行いました。


 活動現場は広田湾に面している米崎町という地域で、そこではまだ見つかっていない方が多くおられるということでした。1日目もお一人のご遺体が発見されたということをボラセンで知り、公安職以外の人が発見するケースも少なくないということを実感しました。そして、ご家族にとってかけがえのないご遺体だということも理解しなければならないと思いました。


» 続きを読む

«いよいよ陸前高田市への派遣が始まりました

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

第7次現地支援(2011年7月22日から24日)

  • 110724帰る前の集合写真
     7月22日夜から24日にかけて、総勢22人が岩手県陸前高田市での2日間の支援活動に従事しました。現地では、潮をかぶりがれきが散乱する農地を回復する作業をお手伝いしてきました。

第2次現地支援(2011年5月2日から5日)

  • 110505マイクロバスの車内
    南魚沼市災害ボランティアネットワークの第2次現地支援として、5月2日夜から5日夕にかけて14人が現地で支援作業を行いました。

第1次現地支援(2011年4月26日から28日)

  • 作業を終えて
     南魚沼市災害ボランティアネットワークの22人が、4月26日から28日までの3日間、宮城県石巻市で活動をした記録です。